• test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • test

美肌

ウエストのくびれ

SOON

仲谷 さら(41歳)

T168.B.88(E) W.58 H.88

指名料0円

リピート指名料5000円

Since
2022-02-06

妖姿媚態!艶かしく美しい姿に大人の色香が漂い、 コンサルティングファームではアソシエイトディレクターとして活躍中!妖艶と知性のマリアージュがとても愛らしくエロい奥様

メッセージ

女性からのレター

 はじめまして、仲谷さらです。偶然にもお逢いできた貴方との出逢いが、心ときめくひとときとなりますようにといつも願っています。ふたりで紡ぐ物語は、幸福に包まれる熱いとき、心通い合う温かなとき、つかの間の艶やかなとき…。貴方に逢えることが最高のプレゼントです。だから、ひとつひとつの出逢いを大切に心の中に綴りながら、自分自身も輝いていたいと思っています。 素敵な貴方からのお誘いをお待ちしています。

一週間の出勤表

  • 02/03(FRI)

    13:00 - 18:00
    SOON
  • 02/04(SAT)

    12:00 - 18:00
    BEFORE
  • 02/05(SUN)

    12:00 - 18:00
    BEFORE
  • 02/06(MON)

  • 02/07(TUE)

    13:00 - 18:00
    BEFORE
  • 02/08(WED)

    13:00 - 18:00
    BEFORE
  • 02/09(THU)

    13:00 - 18:00
    BEFORE

写メ日記

  • 仲谷 さら

    福を巻き込む恵方巻

    
    おはようございます。

    今日は節分です。
    豆撒き、柊いわし、節分そば、恵方巻、それぞれに由来のあるものなのですが、節分の日は、縁起の良さそうなものを、とにかく食べなければいけない感があります。

    豆撒きをしてから、恵方巻だけ食べることにしました。
    今ではいろいろな恵方巻が売られていますが、
    恵方巻の定番具材は、穴子もしくは鰻、海老、干瓢、椎茸、胡瓜、だし巻き卵、桜でんぶの7種類になります。
    この7つの具材は七福神にちなんだ縁起物だそうです。

    そこで今年の恵方巻きは、定番の具材を自分で巻くことにしました。七福神のご利益が逃げていかないようにと、酢飯と海苔でギュウギュウ巻き込みました。
    ここで、一句浮かびました。
    「節分や 福を巻き込む 恵方巻」
    節分は冬の終わりの季語ですが、恵方巻は季語ではないようです。

    七福神を詰めた恵方巻、今から南南東を向いて黙って食べようと思います。

    もっとみる

  • 仲谷 さら

    世界一

    
    おはようございます。
    連日の厳しい寒さでしたが、昨日はホッとするような暖かさでした。
    今日は昨日ほどではありませんが、気温をみていると寒さの方は少しは和らぐような感じです。
    明後日は、もう立春。
    「春よ来い、早く来い」と歌いたくなります。

    たまたま青果コーナーで、大きな大きなリンゴを見つけました。普通のリンゴの3倍ぐらいの大きさでした。
    あまりの大きさに、とても目立っていました。
    「世界一」という名のリンゴでした。
    「世界一のリンゴってどんな味なんだろう?味も世界一?」と思うと食べてみたくなりましたが、値段の方はその大きさに負けず、約4倍。
    でも、食べてみたいという思いが強くて、買ってしまいました。

    世界一は、青森県リンゴ試験場で育成されたリンゴで、サイズが大きくなるのが特徴です。
    「世界一大きいリンゴ」と宣伝したのがそのまま名前になったそうです。
    確かに、大きいです。皮を剥いて8等分に切っても、普通のリンゴの3倍はあります。
    食べるのを楽しみにしていた世界一のリンゴですが、世界一なのは大きさだけだったということが、食べてみてよくわかりました。
    大きいせいか、ちょっと蜜が足りなかったような…、そんな感じです。

    もっとみる

  • 仲谷 さら

    厳しい冬と小さな春

    
    おはようございます。

    2月になりました。
    2月の異名はいろいろありますが、「如月(きさらぎ)」が最も一般的です。
    その由来は、更に衣を重ね着するという「衣更着(きさらぎ)」からですが、使われている漢字は中国の2月の異名「如月(にょげつ)」です。
    如月(にょげつ)には、厳しい冬が終わり、春に向かって万物が動き始める時期という意味があります。

    2月には如月の他にもさまざまな異名があります。
    まずは「令月」、何をするにもいい月、素晴らしい月という意味があり、新元号「令和」の由来ともなりました。
    また旧暦では1月〜3月が春とされ、2月はその真ん中の月ということから「仲春」という呼び名もあります。

    そして、「梅見月」「雪消月」「木芽月」など、厳しい寒さの中にある小さな春を思い起こさせる言葉も多いです。
    さらに「恵風」は、漢字の通り恵の風、春風という意味があります。
    小さな春を見つけた嬉しさに、まだ2月に入ったばかりですが、あと一息で寒さを乗り切ることができるような気持ちがしました。

    もっとみる

過去記事へ

copyright © Amore Dolce All Right Reserved