• 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら
  • 仲谷 さら

美肌

ウエストのくびれ

WAITING

仲谷 さら(41歳)

T168.B.88(E) W.58 H.88

指名料0円

リピート指名料5000円

Since
2022-02-06

妖姿媚態!艶かしく美しい姿に大人の色香が漂い、 コンサルティングファームではアソシエイトディレクターとして活躍中!妖艶と知性のマリアージュがとても愛らしくエロい奥様

メッセージ

女性からのレター

 はじめまして、仲谷さらです。偶然にもお逢いできた貴方との出逢いが、心ときめくひとときとなりますようにといつも願っています。ふたりで紡ぐ物語は、幸福に包まれる熱いとき、心通い合う温かなとき、つかの間の艶やかなとき…。貴方に逢えることが最高のプレゼントです。だから、ひとつひとつの出逢いを大切に心の中に綴りながら、自分自身も輝いていたいと思っています。 素敵な貴方からのお誘いをお待ちしています。

一週間の出勤表

  • 04/19(FRI)

    16:00 - 21:00
    WAITING
  • 04/20(SAT)

    15:00 - 21:00
    BEFORE
  • 04/21(SUN)

  • 04/22(MON)

  • 04/23(TUE)

  • 04/24(WED)

  • 04/25(THU)

写メ日記

  • 仲谷 さら

    晩秋のフィナーレ

    
    おはようございます。
    ここ数日は少し暖かくなるという予報でした。
    確かに気温は少し高めでしたが、やっぱり寒いです。
    紅葉は見頃を迎え、夜のライトアップにたくさんの方々が訪れています。
    外国人が多いようです。
    美しいものを前にすると、寒さなんて気にならないのでしょうね。

    豪華絢爛なライトアップもいいのですが、いつも歩いている道端の植え込みの木が美しく紅葉していることに気づきました。
    何ともいえないピュアな赤色がとても綺麗でした。
    紅葉というと大きな樹木を見上げることばかりイメージしますが、膝上ぐらいの高さの植え込みの紅葉もなかなか粋なものでした。

    しばらく眺めていましたが、結局何の木だかわりませんでした。
    親指の爪ぐらいの小さい丸い葉がいっぱいついていて、その一枚一枚が真っ赤に染まり、宝物を見つけたような気分でした。
    いつも見ていたはずなのに、赤くならないと目に留まらなかったのかもしれません。
    もしかしたら、ツツジだったのか…。

    もう少しで11月も終わりです。
    慌ただしい師走がやってくる前に、自然が奏でる晩秋のフィナーレを、今少し楽しんでいたいなと思いました。

    もっとみる

  • 仲谷 さら

    カニ取県

    
    おはようございます。
    初雪に出会ったせいか、寒いイメージが脳裏に焼きついてしまい、一気に冬仕様になってしまいました。
    パンストからタイツになり、薄手のコートから冬のコートになりました。
    マフラーもしたいぐらいです。
    まだ12月にもなっていないのに…。

    寒くなると、美味しいものがいっぱい登場します。
    実は鱧も、冬の方が断然美味しいらしいです。
    先日はコッペ三昧で、12月のシーズン終了までを待たずに満足してしまいました。
    もうコッペはいいでしょう。
    次は、雄の方をいただきたいな。

    日本一のカニの漁場、鳥取県。
    別名、カニ取県とも呼ばれているそうです。
    何度か鳥取で松葉ガニを食べたことがありますが、その美味しさはもちろんのこと、出てくる量に驚きました。
    やっぱり本場は違います。
    コッペガニは半分に割って、味噌汁に入れるという話も聞きました。
    当然ですが、いいおだしが出て、とても美味しいらしいです。

    たまたまカニ忘年会のお誘いをいただきました。カニ取県で食べるほどの量はないと思いますが、松葉ガニが出てくるそうなので、今からとても楽しみにしています。

    もっとみる

  • 仲谷 さら

    白い風のおかげ

    
    おはようございます。
    吹く風の冷たさを日増しに感じる今日この頃です。
    古くから秋風は白いと表現されるそうですが、
    先日の出張の際に、まさに白い風に出会いました。

    それは、雪でした。
    風とともに舞う白い粉雪は、意味は違えど白い風のようでした。
    関西を遠く離れると、こんなにも気候が変わるものかと驚きました。
    白い風はやむ気配もなく、ますます白くなり、あたり一面は銀世界。いきなりクリスマスがやってきたような景色でした。

    初雪だったそうです。
    魔が悪かったのか、ラッキーだったのか…。
    蕎麦処ということもあり、お店には新蕎麦がずらりと並んでいましたが、私にとっては、新蕎麦と初雪があまりピンときませんでした。
    でも、ここではそれが普通のことなのかもしれません。
    かなり寒い思いをしましたが、二次会まで引きづられずにホテルの部屋に早々に帰ることができたのは、白い風のおかげでした。

    また、雪で帰りが一日延びてしまったのも、
    魔が悪かったのか、ラッキーだったのか…。
    帰ってからの予定も気になりましたが、潔く諦め、付近の観光を少し楽しめたことは、やっぱり白い風のおかげでした。
    御神木からパワーもいただきました。

    もっとみる

過去記事へ

copyright © Amore Dolce All Right Reserved